FC2ブログ

やっちまったぃ!!!!!

2010年02月28日 00:34

あんにょん~(*´∀`)



皆様ご機嫌麗しゅう?




ってか

昨日気付いたんですけど。






SPURsmart




・・・・・買ってない(゜∀゜)あは



ごめんよ、シミンのお二人。。。



文句なら

V●V●編集部に言ってくれぃ。





●i●i読んでから

脳ミソ溶けまくりだからさぁ。。。←





ジュンス様

ミアネヨ~・・・


いやホント悪気はないんで

えぇ。




で、

最強様に至っては


雑誌名が読めない!!!!爆



すなわち

予約が出来なかったんですよぉ・・・



後で誰かに聞こう~


とか

悠長に構えてたらこの有様。


・・・まぁ、そうなりますよね(*´∀`)あは~



仕方ない。

ア●ゾンで買うか。






しかしですね、


ワタクシこの一大事何に於いても大袈裟な管理人のおかげで



自分が紛れもなく

ゆちょペン

だって事を


再確認出来たんですよ。





何故かと言うと


シミンカポーは

上記の通り

すっかり忘れるが山の如し。



JJ様のSカワは

実はこちらも買い忘れてアマ●ンに頼る。



しかし

しかしユチョンのSpringだけは



まともにTSU●AYAで買ったという事実!!!
(覚えてないけどレシートあった)





エラい!

エラいぞ自分!!!


やはりお前は
れっきとしたゆちょペンだ!!!何



と言いつつ

未だに未開封ですけどね。爆



開けたのは

JJ、ViVi、Rayの三誌だけww



あは~



K-BOOMもアリーナも

ついでに買ったフォトブックも開けてないよ~




未開封が山ほどあるよ~





ちなみに

最強様のSPUR



未だに読めません!!!


どなたか教えて下さいましww自分で調べるという事をしない、ヤる気の感じられない管理人。





で、今日は

ゆちょペンだって事を再確認出来たお祝いに


こんなん作ってみました。



12233.jpg


あは~
自己満だからイイの!!ww




明日の早番が終われば

後はもう遅番しか無い・・・・


・・・・思う存分デキるぞ!ネタが!!!何



明日は

予定では通常の妄想神起イきます~


宜しかったら覗いてみて下さいね♪




それでは

本日も最後までのお付き合い誠にありがとうございます☆



宜しかったらポチっと一押し
お願い致します~!(^^)!
↓↓↓







Read More...
スポンサーサイト



Stairs Of Heaven Or Hell?

2010年02月26日 01:29

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

あわわわわ!!!!!

2010年02月25日 06:36

あんにょ~ん!


聞いて下さい

人生で最も嬉シアな事
ベスト5に入る程の出来事。基本が大袈裟すぎる管理人。




仲良しブロとも様

GLAちゃんがですね





こんな妄想変態野郎なワタクシに




minyych.gif

めちゃめちゃ素敵なプレゼントを下さいました!!!!!




何て事でっしゃろ!

再び
ワタクシの目から
大雨洪水警報出てます!!!

近隣の方
御注意下さいまし!!!




あぁ~


生きてて良かったなぁ。重



グラちゃんは
本当に可愛い可愛いトンを書き上げてます☆

皆様、是非遊びに行ってみて下さい!(^^)!

こちらから飛べますよ~♪→グラちゃんのお部屋





あは~

今日はイイ日だ!


このままのテンションで
ちょっくらPINK神起でも書こうと思ってたんですけどね・・・

さすがにもう朝なんで・・・


起きたら上げます。



あの

PINK神起は


新ネタです。




こればっかりは

夜の御閲覧をオススメ致します。←



妄想の上

暴走の上をイった話ですので。





あまりに
やりすぎコージーな世界ですので



皆様
お手数おかけして申し訳御座いませんが
パスワードの入力をお願い致します(・・;)

(ブロとも様なら、多分そのまま読めると思います☆)



パスワードは

恐らく耳が一番な性感帯だと思う彼。(管理人の独断と偏見ww)

これだと思う方のお名前を
半角英字で。



・・・って

読んでくれる方
いらっしゃるのかしら?爆


まぁ・・・

自己満に書いてみますので


宜しかったら覗いてみて下さい☆



ではでは

また後ほど~♪




いつもありがとうございます!!

宜しかったらポチっと一押し
お願い致します~!(^^)!
↓↓↓



See you later~

A splendid achievement!!

2010年02月24日 03:55

(珍しくサジン多めの為、携帯からご覧の方には申し訳ないです><)






何てこったい!!!


素晴らしいっ!


素晴らしすぎる!!



この先

彼ら以上に
日本で活躍する海外アーティストは

出て来るんですか?



やったねエ●べ!!


ボロ儲けだね!!!←



という事で


祝 41万枚!!


おめでとうございます~(*´∀`)あは~







仕事中一番テンション下がる頃に

ビギメール見て

!!!!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/!!!!!



こちとら
仕事中だってばよ。


頼むから
あんまテンション上げさせないでおくんなまし。←




おめでたい事は

心を温かくします。




明けない夜は無い。


春の訪れを感じない冬は無い。



そんな想いが

少しずつ少しずつ

現実に近付いていってる気がします。




幸せですね。


こういう目に見える結果はもちろん


その喜びを
何十万人って方とシェア出来るって事も

本当に幸せです。





あれ、やだよ。



ワタクシの目から

大雨洪水警報が出ております。



これは全国地ですか?

全国地ですね!←



はい~。





そして



遅ればせながら

夜ViViとRay
回収して参りました。
例の如く人生初。




何てこったい!!!!



こんな・・・

こんな素敵すぎるサジン





ちょっとは出し惜しめ!!!
(使い過ぎじゃろがぃ!!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/)



妄想するまでも無く

リアルに鼻血垂らしてましたけど。





乗っかって

ワタクシも出し惜しみせず


出ます! 出します!! 出させます!!!





まだご覧になってない方は

すみませんです(・・;)


もう止まりません。何




画質、微妙すぎですが

サイズもそのまま使ったんで見づらいと思いますが。



宜しければ
管理人の心の叫びと共に

ご覧下さいませませ。。。

(キャッチコピーはViVi様よりそのままお借りしております。)









東方神起のすべて



758.jpg






762.jpg





763.jpg










物憂げな瞳で語る
静かなる情熱家




789.jpg

あは~・・・
ジュンス狂マンセー!!!!







802.jpg

その男らしくたくましい指・・・
頂いてもイイですか?
ってか今気付いたけど、じゅんちゃんサジン無い。爆


ごめん悪気は本当無いよ!ジュンス様~









一途に走り続ける
タフビューティー




771.jpg

なんだよー・・・
ナニ見てたらそんな優しい顔出来ンのさ。ユチョンか?ユチョンなのか!?





769.jpg

おい―――――\(゜ロ\)(/ロ゜)/
脱いでらっしゃる・・・?そのネクタイをワタクシに渡してナニを・・・





770.jpg

その腕!!!
抱きしめて下さい!!壊れてしまうほどに。






772.jpg

・・・あぁ、ごめん。
何かごめん。







753.jpg

やっぱりその笑顔がユノユノ~










甘さと鋭さが同居する
麗しきカリスマ




782.jpg

そんな目で見られたら・・・

ねぇ?






786.jpg

カリスマだって、カ・リ・ス・マ。
ふっ。←






787.jpg

ベストなのに
横顔なのにカッコイイってどうして?








781.jpg

おっ!脱ぐ?脱ぐの?!
よーし来い!!!!








783.jpg

だから目つぶったらダメだって!
良からぬ事を・・・

あ、期待してんの?逆に?

・・・唇がエロいんだよ――――\(゜ロ\)(/ロ゜)/!!!!









754.jpg

はい~JJ様でした~。









しなやかに強く
輝きを増す貴公子




834.jpg

あは
すみません。とりあえず謝る








806.jpg

イイねぇ~
私服イイねぇ~
至福だよ。←上手くない









776.jpg

えっ!
最強様が・・・

脱ぐの??????










778.jpg

ヒーハー!!!!!
最強様が!最強様が男に!!!!











843.jpg

あ、これ今関係なかったわww










879.jpg

これだよこれ!!!!
神すぎてもう何も言えないよ!!!!

チャンミン―――!!!












アジアを魅了する
天声と純真な笑顔




815.jpg

ユッチョ―――ン!!!(゜∀゜)












816.jpg

なんでだよぉ・・・
なんでそんなに素敵なんだよぉ・・・










844.jpg

素敵すぎてもう言葉が出ないよ。サジンが関係無い事はあえて触れないww












767.jpg

エロ男爵・・・

耳は弱いヒト?
試してみてイイ???←










766.jpg

目をつぶるな―――――っ!!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/


もうイイですか?

抑えてたモノを出してイイですか???




愛してる―――!!!

ゆちょん―――――(*´∀`)!!!!!













という事で。




大分自己満なテンションで参りましたが


もう管理人は大満足です。そりゃ自己満だからね



お腹いっぱいです。



また明日から
妄想に励めそうです。





ありがとう!

素敵な記録と
素敵なサジンたち・・・





アジアの宝、東方神起。


永遠に

愛してるよ―――!!!!







長々とグダグダすぎる日記に
最後までお付き合い下さった貴女様

本当にありがとうございます!(^^)!


宜しかったらポチっと一押し
お願い致します~☆
↓↓↓





I Love You...

平成22年2月22日

2010年02月22日 23:50

あんにょん~☆

今日すごいっすね!!!


『2』が五つ並ぶ日!!!



2って
ただの数字じゃないですよ。。。





なぜならば


2U2!!!




皆様
ご機嫌麗しゅう?(スベった事など気にしない前向きさ)


こんな素晴らしい日は

妄想に限りますね♪何




はい。


今日は
昨日予告した通り
妄想神起をUP致します。


Teacherシリーズの
番外編、続編ではございません。


大分前に思いついた話なので
ちょっと短めですが
ほんわか系に出来たかと思います~



お相手はもちろんこの方。

1013.jpg

なんつーキレイな手だ!!!!!

こんな手で撫でられたら・・・・・・・・







妄想で鼻血吹いてる
アホな管理人は放っておいて。


参りましょう~☆




















一か月ぶりの一日休み。


・・・って事は
もちろん彼女と逢うのも
一か月ぶりって訳で。




『たまには何処かに行こうか?』


と言っても


「お家でゆっくりしよ♪」


と言う彼女の好意に
すっかり甘えて

僕たちはリビングで
紅茶を啜っている。






『あぁ~
 いい午後だなぁ。』




「そうね。
 すごくのどか。」





彼女のこういう言い回しって
意味はたまに難しいけど
すごく女性らしいと思う。



何て言うか・・・


表現?
言葉遣い?



僕の日本語じゃ
上手く表現出来ないけど。






『なんか甘いモノ食べたいなぁー』




「あら?珍しい。
 いつもは作っても食べてくれないのに。」




『食べてんじゃーん!
 ・・・ちょっと無理矢理だけど』




「あっヒドイ!!
 じゃあもう作んないからいいよ。」




『冗談だよぉー!
 ・・・何か作って?』




「もぉー・・・
 渋々だよ?」






そう言って
彼女はキッチンへと向かう。





冷めかけた紅茶を
一気に飲み干し

僕の体には少し小さなソファで横になった。


少し顔を上げれば
彼女の後ろ姿が見えるように。




・・・・・


「渋々」って確か
「仕方なく」とかそんな感じの意味だよね?



何あれ。
ウキウキじゃん!





「♪♪♪♪♪~」




鼻歌まで歌っちゃって
ご機嫌だなぁ。




今日はどんな物を作ってくれるんだろう。



爽やかなレモンの香りと
甘いバニラの香りが漂って来る。



さっきはあんな事言ったけど

確かに
甘い物は特別好きな訳じゃないけど



「君が作ってくれる」
って事が

何より嬉しいんだ。








『何か手伝おうか?』



「わっっっ!!」




いつの間にか後ろに立っていた僕に
彼女は心底驚いたようで

オーバーに
手を胸に当てている。




『そんなに驚く?』



「いきなり後ろ立たないでよー!
 びっくりするじゃん!!!!」



『ごめんごめん。
 そんなに驚くとは思わなかったから』



「あー… まだドキドキしてる・・
 
 そうだなぁ・・・じゃあ」



言葉を遮るように
僕は後ろから彼女を抱きしめた。




「ちょっとー
 手伝ってくれるんじゃないのー?」



『嘘だよ。
 キスしたくなっただけ』



返事を待たずにこっちを向かせ

優しく優しく
彼女の小さな唇に口付ける。



一か月ぶりの彼女の温もりは
本当に温かくて

幸せすぎて
胸の奥が熱くなった。





離れたくないなぁ・・・


ずっとこうしていたいなぁ・・・




ふと思いついたまま
彼女に問いかける。




『このまま作るのってどう?
 僕が後ろから抱きしめたまま、さ。』




「それはちょっと・・・」




『恥ずかしい?』




「ううん、
 ちょっと邪魔。」





・・・・・・・・この女。





「ふっ。
 冗談だよ!
 
 でも大事な大事な王子様に
 怪我なんてさせられないじゃん」



・・・訂正。


彼女はこうだった。



いつもは強気なんだけど

本当は照れ屋で
でも誰よりも優しくて。



素直じゃないところが
寧ろ可愛くて仕方ない。




『わかったよ。
 大人しく待ってる』



「もうすぐ出来るからね♪」




素直にソファに戻り
横になって彼女を見つめているうちに

いつしか僕は
眠りへと落ちていった。







夢の中での彼女は



いつもの様に

愛らしい笑顔を向けてくれていて




僕は僕で

側でその笑顔を見つめていて。





こんなに愛しても

まだ足りない気がして



守りたいのに

守り切れないのがまた切なくて。





この幸せがずっと続くなら



僕は何だって出来るのに。




そんなありふれた言葉さえも

上手く声に出せなくて



ただただ

君を見つめるしか出来ないんだ。









「・・・・・・・くん」




ん?




「ゆーのーくーんー」




あ・・・そうか。

寝ちゃってたんだっけ。





ぼんやりと
彼女の方を向く。



すると彼女は

夢の中と全く同じ笑顔で
僕に笑いかけてくれていた。




「良く寝れた?
 出来たから食べよ♪」




『ごめんつい・・・』




「疲れてるんだから
 そんな事気にしないの~

 さ、早く食べてみて?」




とびっきりの笑顔で
彼女は僕の前に皿を置く。





『いただきます。』




「召し上がれ♪」





・・・うん。

普通に美味しい。




僕の好みを良く分かっている
彼女にしか出せない味だ。






「どう?」





『うん、美味しいよ!』





「そりゃあ、愛情たっぷりこもってるもん!」





『そっか。
 だからこんな味が出せるんだね。』





「どういう意味?」



くりくりの目を
キョトンとさせて彼女は尋ねる。





『何て言うか・・・
 甘すぎなくてさっぱりしてて
 優しくてずっと心に残るような・・・



 僕の日本語じゃこれが限界だけど

 僕にとっての君のような味。』





「・・・ありがとう。

 拙い日本語で」



『つたない、って何?』




「何でもなーい!
 嬉しいです。
 カムサハムニダ~」



『発音が違う!
 もー…韓国語下手だなぁ』



「ゆのくんに言われたくないよ~」









穏やかな午後。



彼女の美味しい手料理と

幸せな湯気の立つ紅茶。



こんな日が毎日続けば

どんなに幸せだろう。







もし



もしも

明日で世界が終るとして。




君はどうするのかな?





僕は

君とこうして
笑い合っていられれば

それだけでいい。





きっと君は

レシピを読みながら
料理を作ってくれていて



僕は

そんな君に
優しく優しくキスをする。




そして

『愛してるよ』

って言うから



ただただ

頷いてくれればいいよ。





今日と同じ様に、さ。















~Tea for Two~




Read More...

復活☆

2010年02月21日 21:46

ユノユノ氏が
私の職場にいらっしゃいました。



いつもの笑顔で
「ありがとう」を
連発する彼。




緊張しすぎて
手が震え
上手くお話も出来ずにいると

彼は優しく
私の手を握ってくれました。



帰ろうとする彼。


忘れ物をしていたので
「ゆのくん!ゆのくん!!」と
何度も呼びかけながら追いかけると

振り返った彼は
妖しく微笑んでこう言います。


「今日ヒマ?」



「もっもちろん!!!!!!」


裏返った声でそう言ったとき。



何やら遠くの方で
綺麗な歌声が聞こえて来ます。




ユノユノ氏と共に
耳を澄ましていると




Let’s stay together U R ~♪




My Girlfriend?





・・・そこで初めて気付きました。



全て夢だと。






何だよ―――。


めちゃめちゃイイとこだったのに!!!!


ユチョンめ・・・
ユノ氏に妬くなよ。←
寧ろ私にか!?



しかし

ケータイに目をやると
まだアラームは鳴っていません。


寧ろ
My Girlfriendは
アラーム音ではありません。




?????(゜∀゜)?????




と思っていたら




メールでした・・・。









・・・彼氏からww






ユチョンに加え
彼氏からも

「浮気は許さない」

とでも言われた気分で

何とも罪悪感を感じた目覚めでした。









はい。

皆様あんにょん~!!



優しい優しい皆様の愛で
すっかりワタクシ元通りです!


愛と勇気だけが友達じゃないけど
元気百倍アン●ンマンです。
伏せるところがおかしい



出だしから
暴走してすみませぬ。



でも
すっごいイイ夢だったんですよ~(*´∀`)あは



今宵
続きを是非・・・


ねぇユノ氏!!!←





ちなみに
すごいどうでもイイ話ですが


この夢
本当は全員出てきます。



ただ・・・

ユノ氏があまりにも素敵で・・・(//∀//)←









という訳で。


ガチャガチャくん
ワタクシもやって参りました~♪




な、なんと!!!


1010.jpg

カブり無しで八種類げっトン~(*´∀`)




えー、
こう書くとワタクシが

ものすっっごい強運の持ち主


と思われるかもしれませんが。



んなこたぁありません。



ここだけの話。←そんな大袈裟な話では無い。



厄除けの帰りにたまたま寄った

TSU●AYA ○林店。


このガチャ機
お金を入れても回らなかったんですね。


で、
店員さん呼んで
直してもらったんですが

二回目も
少しも回りゃしね―――。

びくともしね―――。




そしたらその店員さん
鍵開けて一言。




「お好きなの選んで下さい。」




!!!!!(゜∀゜)!!!!!



そりゃもーあーた。

選ぶでしょう、カブりの無いように!!!




でもですね、

実際中には十個位しか入って無かったんで。



その中で八種類あった
っていうのは

まぁある意味強運だったかもしれないですね♪


アリガタヤ―――(*´∀`)






えぇ、
とりあえずそんな感じです。






グダグダすぎる日記ですみません(・・;)
特にネタ無かった




明日は一応
何か妄想神起書こうかなー
と思っています。

皆様気が向いたら
是非覗きにいらして下さいね^^



ちなみに
お相手はこの方で考えております(一応)。

1013.jpg


最近この方に心持っていかれる率
半端無く高いです!

素敵すぎ!!やばいばー(*´∀`)



このサジンだけで
誰だかわかる方!!!

尊敬しますww


宜しければ
是非ご一報を・・・



お待ち致しております




ではでは

本日も最後までお付き合い頂いた貴女様
誠にありがとうございます!(^^)!



宜しかったらポチっと一押し
お願い致します~☆
↓↓↓


Read More...

仕事

2010年02月20日 03:55

今日は
仕事の事を
ちょっと書いてみます。

トン関係無いです。

トン記事楽しみにされてた方がいらしたら
すみません。




独り事なのに語り口調ですが

お気になさらずに。


















昨日
仕事中にもかかわらず

突然泣きだしてしまいました。



理由は
自分でもわかりません。




嫌なお客様がいらしたとか

プライベートで何かあったとか


そんな事は全く無くて。



本当に訳も無く

気付いたら涙が溢れてたんですね。







しかも私

過呼吸持ちなんで


不意打ちで涙なんか流したもんだから

苦しくなっちゃって。





現場に出てる以上

してはいけない事だと思いながら


どうにも止める事ができませんでした。






それを見て

駆けつけてくれたホール主任。




応接室に連れていかれました。





まず

「具合が悪いのか」

と聞かれました。



言葉ではお答え出来なかったので

一生懸命首を横に振りました。





私にとってホール主任は

直属の上司では無いけど


アルバイトの頃から
憧れてた人です。


ずっとずっと尊敬してました。


ホール主任に認めてもらいたくて
頑張って来ました。




そんな主任に

こんな姿を見せたくなかったので

幻滅されたくなかったので


泣き止もうと必死でした。




でも無理でした。



何が悲しくて泣いてるのか

自分自身がわかってないんだから


主任にわかるはずが無いのに。



それでも主任は

一つ一つ思い当たる節を
問いかけてくれます。




もう大丈夫です。


何度も声にならない声で言いました。





「仕事で何かあった?」




何もありません。


不満も特にはありません。



かろうじてこう言ったとき



「でも何も無かったらこんなんならんだろ。」


そう言われました。







一つ

自分でも思い当たる節がありました。





前任の店長が

私をチーフに推してくれたのは


昨年の四月の事。




私より一年以上前から社員だった先輩がいて


その人と一緒に稟議にかけてくれたんですね。





その翌月

稟議も通って


晴れてチーフに就任しました。





その頃から

自分の中でずっと引っかかってた事。






私に務まるのか?

皆に認められるのか?





もちろん

それなりに頑張って来たとは思うけど


まだ早すぎるんじゃ?



私がこの会社に入ってからは
アルバイトの時期が一番長くて

社員になって一年経たないでこの話が来たんです。



なので

そんな想いがあったんですね。




しかも


一般社員の時から
皆、殆ど年上だったし


舐められるっていうか

バカにされるっていうか


接し方が解らなかったんです。






でも

自分自身
まだ全然自信は無かったけど

認めてくれる人がいるから

頑張ろうと思いました。





時間が過ぎるのは
あっという間でした。



そのうちに
一般社員の子も出来て

アルバイトも増えて


私なりに

上司の在り方が

少しずつ見え始めて来たかなと思ってました。




プライベートも
仕事も

特に何も問題なく思えてたんです、本当に。





でも

私の中の不安は


全然無くなってなかったんでしょうね。




それどころか

自信なんてかけらもなくて


常に心のどこかで


こんなんでチーフといえるのか?


と思ってたんでしょうね。





それが

唯一思い当たる理由。





上手く話せたかどうかはわかりませんが

ホール主任は
最後まで何も言わずに聞いてくれました。




そして

こう言いました。





「上司からも部下からも認められてるかなんて
 俺だって自信ないよ。」







「でも自分の仕事には自信を持ってる。」








目の覚める言葉でした。




そうだったんだ。


自信を持つのは
周りの評価じゃ無くて
自分自身の仕事。



言われてみれば
本当にその通りで

一気に肩の力が抜けました。




どうして
こんな簡単な事に気付けなかったんだろう?





周りの評価ばっかり気にしすぎて

いつの間にか一番大事な事を忘れてました。






自分の仕事に自信を持つ。




全くその通りですよね。










いつもは冷たくて
ヒドい扱いしかしてくれない主任。


褒められた覚えなんか
一度もありません。




口下手で

年頃の女にお世辞の一つも言えない主任。



そんな主任が言ってくれた



「お前は見込みがある。
 まだまだ頑張れるよ。」





今まで仕事をしてきた中で

これから仕事を続けていく中で


一番心に残る言葉です。








ホール主任


本当にありがとうございます。





最後に

「ちゃんと化粧直してから戻っておいで」

と言って出ていかれました。。。






不器用で

優しい言葉なんかかけてくれないけど



私の為に
大事な仕事を抜けてまで

時間を割いてくれた優しい優しい主任。



これからも
ずっとずっとついていきます。





Read More...


A Latest Article!!