FC2ブログ

The Destination Of Eternal Triangle.....?≪Vol.ⅩⅣ≫

2013年09月20日 03:55

皆様

お疲れ様でございます。



今宵は

月がとても美しかったですね。


色々な想いも

浄化されますわ。




・・・あぁスミマセン。

こちらの話です。何





さて

気付けばもう14話ですか。



過去最長ですね


ここまでお付き合い下さいまして

誠に感謝致しております。






これまでのお話は

こちらから・・・・・


第1話

第2話

第3話

第4話

第5話

第6話

第7話

第8話

第9話

第10話

第11話

第12話

第13話


では

追記よりどうぞ・・・








The Destination Of Eternal Triangle.....?≪Vol.ⅩⅣ≫












ドアが開き

目を真っ赤にしたジュンスが


静かに入って来た。






『ちゃんと話せた?』





「うん…
 少し泣いちゃったけど。」




『大丈夫。
 良く頑張ったな、ジュンス。』





そう言ってオレは

両手を広げて


ジュンスを優しく抱きしめる。





「ユノ…
 ありがとうね。」





『何が?』





「ユノが居てくれたから…
 
 逃げないでジェジュンと向き合えたよ。」





『…そっか。』





優しく頭を撫でてやりながら


オレがした事は

正しかったのか、と


自分に問い掛ける。





オレがした事は


ジェジュンが

チャンミンの事を想っていると知りながら


ジュンスをフラれに行かせたようなモノだ。





そんなオレに


こうしてジュンスを抱きしめる権利は

果たしてあるのだろうか。






「ユノが居てくれて…

 ホントに良かったよ、僕。」





『…違うんだ。』






「え?」






『オレは…
 そんなヤツじゃないよ。』





「・・・・・??」





オレの方を見上げ

ジュンスは戸惑っている。





『オレ、知ってたんだ。』





「・・・・・」





『ジェジュンが誰を好きか。

 なのにオレ・・・』





「…なんだ、そんな事?」






『えっ?』






「そんな事…
 気にしてないよ。

 僕が傷付くと思って
 言わないでいてくれたんでしょう?」






オレは答えに詰まってしまった。



ジュンスにそれを言わなかったのは

確かに彼を傷付けまいと思っての事だけど


それだけでは無い気がした。




それが何なのか

自分でも解らないのだけど。





「何だってイイよ。
 
 結果的に
 僕はこれで楽になれたんだ。」





何も言えないでいるオレに


投げやりにではなく

淡々とそう言って


ジュンスはオレの背中に手を回す。






『ジュンス、オレ…』





「今夜は側に居てくれる?」





『え?
 あぁ、うん・・・』






イイや。

もう止めよう。




ジュンスが

それでイイと言っているんだ。





今は先の事なんて考えずに


こうしてオレの腕の中に居る

ジュンスの温もりを大事にしよう。







『オレで良ければ
 いつでも側にいるよ。』





「…ありがとう」




ジュンスはフフッと笑い


オレの胸に顔を埋めた。












話したい事がある、なんて



ジュンスにしては

とても珍しい事だと思う。





その反面


僕は何処か苛立っていた。






湯船に浸かりながら

二人の会話を想像してみる。






でも


いくら想像した所で

それは単に想像でしかなくて



そんな事を考える事自体

そもそもバカらしいと





いつもの僕なら

とっくに気付けたのに。






ジェジュンが誰と何をしてたって

僕には関係なかったハズなのに。





そこまで考えると


胸の奥の方がズキッと痛んだ。






この感情は

何なんだろう。





心がザワザワして

落ち着かない僕は


いつもより遥かに長く

湯船に浸かっている事に気付き


すっかりのぼせてしまった。








To Be Continued.....












さて

ここまで読んで下さった方は


果たしていらっしゃるんのでしょうか・・・?




予定では

次回が最終話です。




こんなままで

ちゃんと終われるのかしら。。。




心優しきゲスト様
宜しければこんな腑抜けた管理人に

最終話を書き上げる為の
愛のムチをお願い致します~~~TT
↓↓↓

≪ブログランキング≫
↑↑↑





ではでは!!

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2u2u2u264.blog107.fc2.com/tb.php/153-228bcc95
    この記事へのトラックバック


    A Latest Article!!