FC2ブログ

タイトルを考えるのが一番厄介。

2010年01月28日 02:18

あんにょん~


心配されてた
ブレイカっ!

一応さら~っと観ましたが・・・


やばいっすね。

ブレイカってますね。。。



ありゃ
仕事前に観るもんじゃねーや。

ブレイカしすぎて
仕事になりゃしねー。

部下から
「今日テンション高いですね」
って言われちまったよ!

クールキャラが台無しだよ!




あっ!
言葉遣いが汚いぞっ

ユチョンに嫌われてしまうぞっ

Miny*反省っ







カッ!!

蕁麻疹がぁ~
蕁麻疹出ちゃうよぉ・・・。←




はい。
戯言はここらで止めておきます。



さて皆さん
ブレイカったままのテンションで

後編UPさせて頂きます。


若干アダルティな箇所があります故
苦手な方は飛ばし飛ばしで
ご覧下さいますよう・・・。


前編はこちら↓
とりあえずブレイカッ!

クリックで飛べると思われます。






それでは
どうぞごゆっくり・・・。




↓↓↓





長く風呂に浸かって
幾分気が晴れた。


そう言えば
いつぶりだろう、逢えるのは。


これから彼女に逢えると思うと
胸が高鳴って来る。




タイミング良く
当の彼女から
電話が掛かって来た。



『はい?』



「おはよう。
 昨日は良く眠れて?」



『まぁまぁだね。
 そっちは?』



「ひどく頭痛がして、眠れなかった。」



『・・・・・』



「…って事にしてあるから、大丈夫よ。」



『…知ってる』



「何時頃来る?」



『何時でも。』



「じゃあ今すぐに来て。」



『そんなにオレに逢いたい?』



「お互い様、でしょ?」



『じゃあ後で。』



「待ってるわ。」




電話を切って、
すぐさま僕は家を出た。



あ。

朝ご飯、食べるの忘れた・・・。


チャンミンごめん。

帰ったら食べるから。







ピーンポーン




「本当にすぐ来た。」



いたずらっ子のような笑顔で
彼女が出迎えてくれる。



『すぐ来いって言ったろ?』


「もちろん。
 
 逢えて嬉しいわ。」



久しぶりの彼女は
相変わらず可愛くて。


顔を見た瞬間から、
理性も鬱憤も
もう全てが吹き飛んで

気が付けば
小さな彼女を壁に押し当て
がむしゃらに唇を重ねていた。



長く、激しい口づけの後
吐息混じりの声で、彼女は言う。




「久しぶりね、ジェジュの温もり。」



『それはこっちのセリフ。
 どれだけ我慢したと思ってんの?』



「逢いたかった。」



『オレも。』




ここじゃ あれだから、
と言う彼女の言葉は、もはや聞こえない。

とにかく全身で
彼女の存在を確かめたかった。





優しく愛す事なんて
出来ない。


いつもより乱暴に
彼女の弱い所を
ひたすらに責め苛んだ。


何もかも忘れて
自分だけを感じて欲しくて。



今だけは
感じ合うだけでいいだろう?




ふと
彼女の顔に視線を戻すと

眉間に皺を寄せながら
押し寄せてくる快楽の波に飲み込まれないよう
必死に下唇を噛んでいる。


無意識に
自慢のネイルで
僕の腕に爪を立てる彼女。


でも
痛みなど感じない。


こんな傷跡さえも
愛しくて仕方無いから。




何故そんな顔で僕を見る?



そんな切ない顔をされたら




ナニモカモ
コワシテシマウジャナイカ。






「も・・・ムリ・・・」




『まだ許さないよ』




「ダメっ
 
 そんな 
 激しくしたらっ・・・」




『勝手にイクなよ?』





余裕を見せているけど
僕だってもういっぱいいっぱいで


そんな状況で
彼女の本心を読み取るのは
とても無理だった。



「あぁっ!!!」


『っっっ!』



彼女が意識を飛ばすのと
僕が果てるのは
ほぼ同時だった。










「こんな所でするなんて・・・」



彼女が
乱れた衣服を整えながら言う。



我に帰って初めて
ここが玄関だという事に気付いた。


冷静になると
顔から火が出る程、恥ずかしい。




『ごめん。つい・・・』



「お腹空いたなぁー。
 何か食べようよ。」



『何が食べたい?』



「作ってくれるの?」



『お詫びの印に・・・』



「わーい!!」



彼女が好きだという僕の手料理で
空腹を満たし

ふと時計に目をやると
まだ昼過ぎだった。



「ご馳走様。
 本当に料理上手よね。
 私も見習わなくちゃ!」



『ちゃんと練習しろよ?』



「そうね。
 
 あぁー・・・
 
 お腹一杯になったら眠くなって来ちゃった・・・」



『昼寝すれば?』



「一緒にする?」



『遠慮しとくよ。
 
 あ、そうだ。
 ちょっとピアノ借りてもいい?』



「良いけど・・・
 何弾くの?」



『いや。
 浮かんだメロディを弾いてみたくて。』



「どうぞ使って。
 私ちょっと横になる・・・

 一時間位したら起こしてくれる?」



『わかった』



「ありがとう。」




そう言って彼女は

ものの五分で
寝息を立て始めた。









実際、
彼女はどう思っているんだろう。


ジュンスっていう
男の僕から見ても素敵な彼氏がいて。


それでも僕と
こんな風に逢っていて。





ジュンスには
悪い事してるってもちろん思ってるの。


でも・・・
ジェジュンに逢いたくて
眠れない日もあるのよ。







いつだったか
彼女がそんな風に言っていた事がある。



きっと彼女は
ジュンスと別れる気なんて
更々無い。



いや、違うな。


いつか
僕から終止符を打つ事を
望んでいるんだろう。



いいんだ、それで。


こんな関係
永遠に続くはずが無いんだから。









眠っている彼女を起こさないように
優しく優しく、鍵盤を叩く。



頭に浮かんでいたメロディは
実際弾いてみると
ひどく切ない旋律だった。


まるで
二人の関係を表すように
儚くて、切なげで・・・・・。







彼女の隣に腰かけ
小さな手を握り締める。





『・・・もう 終わりにしようか。』




声に出して言ってみると
案外呆気ない言葉だった。



こんな
たったの一言で
僕たちは何事も無かったかのように
日常に戻るのか。


何てちっぽけな関係だろう。





でもいいんだ。
きっと、それで。




再び自分にそう言い聞かせ
僕も横になった。






『愛してるよ。』










こんな気持ちは、誰も知らない。


君の気持ちも、誰も知らない。



今だけは
それで良いだろう。


あと少し・・・


もう少しだけだから。  

















~Nobody Knows~







 




はい。

二日にかけてお送りして来ました
妄想神起第二弾
パート2。


勘の鋭い方は
昨日の時点で
曲がわかっていたと思いますが・・・

えぇ
全然曲に則ってませんね!



どっちかって言えば
愛せない~に近いですかね。


ここまで重い話にするつもりは無かったんですが
書いてるうちに
悪乗りしちゃいました。←


ジュンス様には
平謝りですね!






はい
悪あがきはこの辺でやめておきます。



宜しかったら
ご意見、ご感想をお聞かせ下さい!(^^)!


誰々の話が読みたい!

こんな話が読みたい!
などのコメントも随時お待ちしております☆←




それでは

最後まで読んで下さった貴女様


Special Thanks!



恐る恐る
ランキングに参加しております☆

宜しかったらポチっと一押し
お願い致します~☆
↓↓↓





 
スポンサーサイト





コメント

  1. ユウナ | URL | -

    あぁ後編から読んじゃった[i:63915]

    せ、切ない
    いい男、2人もGETしてる彼女が羨ましい

    切ないけど、このお話好きです
    まったく気づいてないのがジュンスらしい…
    チャミはなんか感づきそうですねぇ

    次は幸せなジェジュ希望します(笑)

    あ、ジェジュ月間早く終われなんてしどい~(笑)

  2. failyxq | URL | -

    あぁ・・どうしましょこの気持ち?

    切ないけど、このくらい愛されたいなんて
    思ったり・・・

    何よりじゅんちゃんにはばれないで~~~
    トライアングルは、
    じゅんちゃんが天使じゃなくなりそう。。

    っていうか、じぇじゅ様!
    ナニモカモ
    コワシテクダサイ!!!(爆



  3. Miny* | URL | -

    >ユウナオンニ

    > いい男、2人もGETしてる彼女が羨ましい

    何を仰います!
    自分じゃ無いとでも言い張るのか・・・!
    あぁ、悪女なオンニ・・・←

    > 切ないけど、このお話好きです

    ありがとうございます!(^^)!

    > まったく気づいてないのがジュンスらしい…

    じゅんちゃん・・・
    ごめんよ(><)悪気は。。。←あるのか!

    > チャミはなんか感づきそうですねぇ

    良くお気づきになりました!
    そこがポイントです・・・笑

    > 次は幸せなジェジュ希望します(笑)

    もちろんです!
    まだまだJJには活躍して頂きます!!


    > あ、ジェジュ月間早く終われなんてしどい~(笑)
    ・・・歪んだ愛故に御座います。。。←

  4. Miny* | URL | -

    >failyxq様

    JJ様は
    failyxq様への叶わぬ恋に
    もがき苦しんでおります。。。

    ジュンス様には
    悪い事をしました(・・;)ミアネ


    ナニモカモ
    コワサレル日ハ近イノデハ・・・?←

  5. hiro | URL | okUzS3E6

    切なすぎる(ノд`)

    Miny*さん、トンばんは(^^)

    切なすぎます(ノд`)
    でも、こんなに愛される彼女が羨ましい気も…
    ワタシなら迷わずジェジュンを選ぶのに…(爆)

    でも、ジュンスには気づかないでいて欲しい。
    あまりにも切なすぎるから…

    ジェジュンには幸せな恋をして欲しいww
    もちろんジュンスにもだけど…

    次は甘~いジェジュン希望します❤
    自分に置き換えて萌えたいです(爆)

  6. Miny* | URL | -

    >hiro様

    hiroさんあんにょん~☆

    ご感想ありがとうございます♪

    > 切なすぎます(ノд`)

    ワタクシも
    書いてて切なくなりました。。。←

    ジュンス様には
    ホント申し訳ないです(><)

    今度はジュンス様にも
    Happyなお話をご用意してますので
    ご心配なさらずに・・・笑


    > 次は甘~いジェジュン希望します❤
      自分に置き換えて萌えたいです(爆)

    甘甘JJ!!
    かしこまりました。

    ご期待に添えるよう
    頑張りますので
    是非是非ご自分に置き換えて
    萌えて下さい!(^^)!←

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2u2u2u264.blog107.fc2.com/tb.php/17-fbb9639e
この記事へのトラックバック


A Latest Article!!