FC2ブログ

Cross-purposes and...?

2010年02月02日 04:57

あんにょん~


寒いっすね。

やばいっすね。

雪降っちゃいましたね。


ワタクシにとって
今年初の雪景色・・・


浮かれて



DSC00518.jpg

サジン撮っちゃいますからね!

(デジカメ持ち歩いてる事で、まだまだ若いアピール)




あ、
これこそどうでもイイ話ですね。

失礼致しました~




さて

さてさて。


待ちに待った方も
そうでない方も

お待たせ致しました。


続きをUP
して参ります。。。



甘甘幸せ系・・・

捻くれ者のワタクシには
ちょっと刺激が強すぎでしたが←

とりあえず
参りましょうか。。。


前作はこちら→Which do you choose?


続編・・・
では無いですね。

結果発表に御座います。←



サジン無し
妄想神起ショートver.




Cross-purposes and...?









家まで送るというジェジュンの優しい言葉を
丁重に断り
重たい体を引きずる様にして帰路に着く。



このまま
ジェジュンの優しさに縋るのは
あまりにも汚い気がした。


まだはっきりと
別れた訳では無いのに・・・

何よりこれ以上一緒にいたら
そのまま流されてしまう自分が想像出来た。



そこまで最低な女に
成り下がりたくは無い。




やっとの思いで家に着き
鍵を開ける。



ん?

開いてる・・・?



恐る恐るドアを開けると
部屋から明かりが漏れていた。





「遅かったじゃない。
 こんな時間まで、何してたの?」




『ユ・・・チョン?』




どうして?

何故ここに
ユチョンがいるんだろう?




「そんな真っ赤な顔してどうした?」


そう言って
私の額に手を近付ける。


『なんで・・・?』


「あっつ!!
 何?お前熱あんの???」



『ユチョン・・・』



「そんな体でドコ行ってたんだよ!
 バカじゃねーの?ったく・・・」



ひょいと私を抱え上げ
寝室へと向かう。



「体調管理ぐらい
 ちゃんとしろよなー。
 社会人だろ?」



『なんで・・・』



「とりあえず着替えて横になっとけ。」


病人のうわ言
とでも思っているのか
全く話が噛み合っていないまま
優しく私をベッドに降ろし
ユチョンは部屋を後にする。


朦朧とする意識の中
着替えを済ませ横になり
大人しく戻って来るのを待った。




あれだけ
人の電話を無視し続けたにも拘らず

何故彼はここにいるんだろう?



そんな事を考えているうちに
いつの間にか
眠りに落ちていった。







夢の中で私は

不思議な海の中にいる。


ふとどこからか
私の名前を呼ぶ声がした。


どこかで聞いた声だが
夢の中の私には誰の声かわからない。


この声は誰?


その声のする方へ
進んで行こうとするが
どう頑張っても
前に進む事が出来ない。


ここから出られないという圧迫感からか
息苦しさを感じ必死で水を掻く。


するとどこからか
私の手を引く人が現れた。


男の人という事はわかるが
逆光で顔が見えない。



この人は誰?









「・・・ぃ」



何? 誰?



「おい!

 ・・・大丈夫か!?」




目を開けるとそこには

心配そうに覗きこむユチョンの顔があった。




「どんな夢見てたんだ?
 凄い勢いでうなされてたぞ。」



『ユチョン・・・
 ずっと起きててくれてたの?』



「まぁ、とりあえずは。
 
 今日頑張って終わらせたから
 明日休みもらえたし。」




ちょっと待って。

なんでこの人
こんな普通なの?




「あぁ、大分熱下がったみたいだな。」



『ちょっと待って。
 ユチョン・・・
 
 なんでそんな普通なの?』



「何が?」



『だって夕方私が送ったメールに
 わかったって・・・

 その後何度電話したって出なかったじゃない!!』



「あぁそれ。

 メールじっくり読んでる時間無くてさ、
 とりあえず何か送っとこうと思って。

 そしたら送った瞬間、電池切れた。」



『は?』



「で、急いで仕事片付けて
 ここ来たらお前まだ帰って来てねーし。

 充電器どこにあるかわかんなくて待ってたら
 真っ赤な顔してお前が帰って来たって訳。」



『・・・』



「お前が寝てる間にメール見たけど・・・

 何あれ?
 どういう事?」



ホッとした拍子に

ドッと涙が溢れる。



「なんで泣くんだよ?」



『だってぇ・・・
 
 ホントにもう終わりかと思ったじゃん!!!』



「別れたいと
 本気で思った?」



『・・・っっ』



涙が詰まって
上手く声が出せない私は
黙って激しく首を横に振る。



「ダメ。
 声に出して言えよ。」



『・・・れたくなんかない』



「ちゃんと言って。
 ・・・オレの目を見て」



『別れたくなんかない!!』



「良く出来ました♪」



そう言ってユチョンは
私を優しく抱きしめる。



あぁ、そうか。


夢の中で
私の手を引いてくれていたのは
やっぱりこの手だ。


私の名前を呼んでくれていたのは
この低音の甘い声だ。




いつもと同じ
ユチョンの温もりに包まれて

さっきまでの涙が嘘かの様に
気持ちが落ち着く。




『・・・ごめんね。
 試す様な真似して・・・』



「今回は病人って事で許すけど・・・
 
 次やったらその指輪返してもらうよ?」



指輪?


そういえば
何か違和感のある自分の手に目をやると

薬指に
小さなルビーの付いた指輪が納まっている。


せっかく止まっていたのに
また涙が溢れて来る。


一日で
どれだけ私を泣かせる気なの?
この人は・・・





「二度とオレを揺さぶろうなんて思うなよ」



強い言葉とは裏腹に
優しく優しく響く愛しい声。



そして
毎日仕事に追われている
大忙しな大企業のエリートは


甘く果てしないキスの雨を
私に降らせ


最後に耳元で
こう囁いた。




「愛してるよ」








~あとがき~
(という名の言い訳)


はい~

お送りして参りました
妄想神起。



あのですね、

ホントはJJを選ぶって話で
作ってたんです。


だがしかし

イイとこ取り王
ユチョン氏が・・・←



前回の流れからして
本当にユチョンを選ぶつもりは全くありませんでした。


なのに
何故でしょう?

自分でもわかりません

気が付いたら
ユチョン氏が・・・←



ちなみにですね

指輪の石を何故ルビーにしたかというと


ただ単にワタクシの誕生石がルビーだからです。←

まぁ実際ルビーは
強い愛の石と謳われてますので・・・



珍しく
話の流れを全く考えずに
ぶっつけで書いたのですが

一応ちゃんと纏まったので良かったです。



果たして
ご期待に添える事が出来たのでしょうか・・・?


次回は
いよいよあの方の登場です♪


どうぞお楽しみに・・・^^




それでは
最後までお付き合い頂いた貴女様


そして
761490114_94.jpg
ちょんじぇのお二人
(今日だけだぞ・・・ワタクシの部屋で『チョンジェ』を出すのは)


Special Thanks




ジェジュンが可哀想だと思ったそこの貴女様!!
そうでなくても←
宜しかったらポチっと一押し
お願い致します~^^
↓↓↓


スポンサーサイト





コメント

  1. ユウナ | URL | -

    ハッピーエンドだぁ~
    ごめんねジェジュ(笑)
    振られてください

    ジェジュは切ないけど、彼女はすっきり幸せになれそう
    後はジェジュペンの皆様で総力を上げて慰めて差し上げましょう
    とりあえず韓国料理、奢ろかな(笑)

  2. failyxq | URL | -

    出たよ!ゆちょ~ん!!(爆
    ほんとずるいんだよぉぉ~~~~
    ジェジュン・・あぁジェジュン・・哀れ。

    でも、ゆちょんがずるくても(爆
    この罠にかかったらきっと抜け出せなくなると思うw

    ジェジュン、お姉さんが色々イロイロいろいろと
    慰めてあげるからこっちおいでぇ~❤

  3. hiro | URL | okUzS3E6

    Miny*さん、あんにょん(^^)

    妄想神起の続き楽しみにしておりましたw



    >「あぁそれ。

     メールじっくり読んでる時間無くてさ、
     とりあえず何か送っとこうと思って。

     そしたら送った瞬間、電池切れた。」


    見た瞬間、「ユチョンってば何よそれ!!
    あなたのその一言で、彼女がどれだけ傷ついたと思ってるのよっ!!!」
    ってユチョンに怒ってしまった(爆)

    でも、彼女にとってはユチョンが全てなんだよねw
    だって、そんな一言を言われて傷ついたのに悲しかったのに、
    結局、大好きだから許せてしまえるんだもん。
    failyxqさんと一緒で、ユチョンはホントずるい(爆)


    ジェジュンが可哀想だけど、彼女はユチョンといるのが幸せなんだよねw

    ジェジュンはワタシが慰めてさしあげます♡(爆)

  4. Miny* | URL | -

    >ユウナオンニ

    > ごめんねジェジュ(笑)
    > 振られてください

    申し訳無いけど・・・
    振られて下さい。←

    > 後はジェジュペンの皆様で総力を上げて慰めて差し上げましょう
    > とりあえず韓国料理、奢ろかな(笑)

    お願い致します☆
    ワタクシが慰めると
    また容疑をかけられます故・・・爆爆爆

  5. Miny* | URL | -

    >failyxq様

    > 出たよ!ゆちょ~ん!!(爆
    > ほんとずるいんだよぉぉ~~~~

    JJすまぬ。
    悪気は・・・あるけど。爆
    やはりワタクシ
    ゆちょペンであります故
    たまには溺愛しないと。←


    > ジェジュン、お姉さんが色々イロイロいろいろと
    > 慰めてあげるからこっちおいでぇ~❤

    是非お願い致します。
    色々イロイロいろいろ・・・?

    ふふふ・・・
    どんな慰めをなさるのか・・・
    (朝まで寝かせないパターンか!)
    覗きにイってイイですか?爆

  6. Miny* | URL | -

    >hiro様

    あんにょん!(^^)!

    > 妄想神起の続き楽しみにしておりましたw

    ありがとうございます☆


    ユチョン=ずるい


    定着ですか!爆


    たまには
    ゆちょにもシアわせを・・・
    と思いましてね。
    (いつもワタクシがシアわせにしてあげてるけどね!)


    > ジェジュンはワタシが慰めてさしあげます♡(爆)

    おいおいJJ。
    良かったな~!

    姫様方がいっぱい慰めてくれるってさ!

    凄ぇな・・・
    精力体力もつのか?←

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2u2u2u264.blog107.fc2.com/tb.php/24-54c1353a
この記事へのトラックバック


A Latest Article!!