FC2ブログ

Her Side...

2010年03月17日 04:30

あんにょん~♪



我らがユノユノ氏の

CHECKMATE




「この曲何ていうの?」

と聞かれ



自信満々に



ゆのてぃっく!

と答えた大バカ者がいます。




もちろん私です



ネタじゃありません。


素でした。




・・・どうでもイイですね♪何




今宵も

こんな変態妄想部屋に

お越し頂いた貴女様


誠にありがとうございます!!



ぶっ散らかってますが

どうぞごゆっくりお寛ぎ下さいませ。



ではでは

前回の続き



タイトル通り

彼女サイドです。
(多分、過去最長)

追記からどうぞ♪







「本当は、今すぐにでも別れて欲しいの。」




「だったら
 そう言えばイイじゃない」



「言えない。

 今は逢えなくなるのが一番怖いから」



「言ってる事、矛盾してない?

 別れて欲しいんでしょ?」




「別れられないよ、あの人は。

 だからそんな事言うだけムダなの。
 却ってダメになる。」


溜め息混じりに

そう答える私。




「アンタねぇ・・・・

 前回の甲斐性無し男と
 やっと別れたかと思ったら
 
 今度は彼女持ちの男なんて。

 イイ加減、見る目養いなさいよ。」




電話越しの声だけで

姉が
どんな表情をしているのか分かる。




「ふっ。
 ごめんね、心配ばっかかけて。

 でも大丈夫
 修羅場は私もゴメンだから。」




「そういう問題じゃなくてね・・・」





「忙しい時間に長々とありがと。
 また連絡するわ」




「ちょっ!待っ・・・」



何か言いかけているのは聞こえたが


家庭のある人に

いつまでも長電話なんてしていられない。




きっと今頃

お義兄さんに愚痴ってるんだろうな。




あの子、またダメな男に引っかかって・・・



って。




ダメな男じゃないの、ジュンスは。


ただ少し

人と違う愛し方をするだけ。




もうすぐやって来る頃だ。



最近は

チャイムを鳴らす時間も
ほぼ同じ。






ピーンポーン。


ほらね?




「お帰りー!」




『ふっ。ただいま。

 イイ子にしてたか?』



「子ども扱いやめてー!」




お土産のプリンを受け取り

そのままキッチンへと向かう。




「デザートにしよーっと!」




『そうしな。
 すごく美味しいんだって』




「楽しみ~!
 
 ジュンちゃん、お風呂沸いてるよ。」




『あ、そう。
 じゃあ入って来ようかな。』



上着をハンガーにかけ

ネクタイを外しながら彼はご機嫌に答える。





「うんー。
 その間にご飯出来るからー」




『一緒に入んないの?』




「さっき軽くシャワー浴びたぁ」




『なんで先入っちゃうんだよー』



「イイから早くー!
 先食べちゃうよー?」



『五分で出る!』



忙しなく
バスルームへと駆け込む彼。



五分なんて・・・

絶対無理なくせに。




手早く支度を終え

彼の気に入りのアロマを焚く。



一人の時は

絶対にしない香りが


次第に部屋中を満たして行く。




イイ香り。




この香りが消える頃には

彼はもう
ここにはいないだろう。




ふと
さっき言われた言葉を思い出す。




―イイ加減、見ル目養イナサイヨ。―



違う。



私の
見る目が無い訳じゃなくて


彼が

あまりにも


魅力的だったの。



ただ

それだけ。








風呂から上がった彼と

いつもの様に晩酌する。



普段あまり酒を飲まない彼は


私の飲む量の半分位で

すっかりイイ気分になっている。


そして

程良く出来上がって来た私に

ようやく彼は触れ始める。




「ジュンちゃん、手ぇ温かぁーい」




『いつもだろ?』




「知ってるぅ?

 手が温かい人は
 心が冷たいんだよぉー」




『お前は
 オレを冷たいヤツだと思ってるって事?』




「違うのぉ~?」




普段なら

絶対にしない喋り方で


もう一人の私は存分に甘える。




こうして二人だけでいる間だけは


少なくとも

そうしてイイ時間だから。



他人だった頃には

見せなかったもう一人の私を


今は感じて欲しいから。





『どうかな・・・

 じゃあ確かめてみる?』




「どーやってぇ??」




『お前の好きな事で。』




そう言って彼は

中途半端に脱がせた服なんてお構い無しに


私を
寝室へと運んで行く。




「ジュンちゃん力持ち~」



『一応男だから。』



「知ってるよぉ~」



『だよな、その体が。』



「意味わかんなぁーい」





ベッドに優しく私を下ろし


彼の指が私の唇に触れる。





『そろそろ黙ろうか?』





「・・・黙らせて?」










事を終えると

いつもは
そのまま朝まで眠り込んでしまう私。



たまたま目を覚ますと

珍しく彼は
体を起こしていた。




暗い部屋のせいで

表情すら見えない彼に


勇気を出して声を掛ける。




「・・・ジュンス?

 どうしたの?」




私が目を覚ました事に

少し驚いたのか


一瞬、間が空いた。




私も彼も

こうして二人で過ごす時は


ケータイの電源を切ってしまう。




だから

この部屋には


暗闇でもはっきり文字盤の見える時計を買ったの。





そうでもしないと


時間が止まってる、と


錯覚してしまう自分がいるから。





会話をしながら

半分眠り込む私。



再び目を覚ましたのは

彼が戻って来た時だった。




いつもと違う彼の雰囲気に

思わず寝たふりをする。




今日の彼は

何かが違っていた。



いつもよりも

優しく優しく抱かれて


訳も無く泣けて来た事は

気付かれてないかな?





相変わらず温かい彼の手が

私の手の間に滑り込んで来た。





指の付け根から
爪の先まで


優しく愛おしそうに

指で撫で上げる彼。




どんな顔をしているんだろう?






右頬に


自慢の柔らかい唇で

そっと触れる。




『ごめんな・・・

 上手くやれなくて』





何を?


何を謝っているんだろう?
この人は。



寝息が聞こえて来たのを確認して



私もそっと

ベッドを抜け出す。




いつもと違う彼の優しさは

私の涙を誘うのに十分すぎた。





パーカーだけを羽織り

ベランダに出る。




今日に限って

月どころか星すら見えない。





こんなに愛してるのに

どうして離れなきゃいけないんだろう?






真っ暗な夜空は

私の心そのものだった。





それでも何とか心を落ち着けて


少し冷えた体で

彼の隣へ横になる。




いつもの様に


暑がりな彼が

私の冷えた体を


温めてくれるから。





今は

それだけでイイ。






きっと目を覚ましたら


もういない彼の

温もりを感じながら



暫く見れない

寝顔を見つめながら



私はゆっくりと

瞼を閉じた。













長ぇ。


半端無く長ぇ。爆





お断り致しますが

この話はここで

終わりです。




何故こんな中途半端かと言うと




・・・そういう事です。何





ってな訳で

今日はこの辺で☆←逃げ



しばらくシリアスは書かないと思います。



明日は

リクエスト頂いたものを


ちょこっとヤってみます。予定では




それでは

長々と付き合って下さった貴女様

誠にありがとうございます!



宜しかったら
ポチっと一押しお願い致します!(^^)!
↓↓↓



















これより下は


ワタクシに興味のある方だけご覧下さい☆























長々と書きましたが


やはりほぼ実話です。

(設定はちょこちょこ妄想。
第一私は実家暮らしですからww)




丁度一年前の話で


実は今も


切れてません。




前に書いたかと思いますが


私にも今は彼氏がいます。




でも

私はその人を忘れられないんです。



と、いうか

ほぼ毎日顔を合わせるので


忘れるとかの次元じゃないんです。





自分で言うのも何ですが


私の彼氏は

その人よりも数段イケメンですし



色々な意味で

私には

勿体ないイイ男です。




でも

ダメなんです。





彼と同じ番だと

嬉しくなる自分がいるんです。




時間を見つけて

逢いに行ってしまう自分がいるんです。



そんなカス同然な私を

好きだと言ってくれる彼氏には


もう罪悪感しかなくて


どうしてイイかわかりません。



そんなこんなで


ぶっちゃけ

ここ最近病んでました。





でも

ブログを書いてる時は


それこそもう一人の自分なので


大丈夫です。


意味が分からないですね。
すみません。




とりあえず

ブログ上の私は


めちゃめちゃ元気です。


明日も明後日も

妄想しまくります。



リアルな私の事は

お気になさらずに


また遊びにいらして下さい☆




本当に長々と

ありがとうございました。



スポンサーサイト





コメント

  1. failyxq | URL | -

    まさかの終わり!?
    ・・・残念~~~

    あ、そういうことか
    そんなときって急にテンション上がったり
    逆にめっちゃ下がったり・・・
    浮き沈み激しくなるよね~・・・
    まあ、こういうことは
    人にどうこう言われても
    変えられないんですよね~・・うんうん

    まあ、気の済むようにやりなはれ~w

  2. 初めまして。

    初めまして。
    モミカさんのブログから参りました(^。^)

    突然ですが、

    良いです!!
    物凄く良いです!!

    The 妄想ワールド炸裂ぅ!!ですね。

    私はジェジュペンなので、
    どうしてもジェジュンの所で涙涙です。

    2/15の Vanilla Ice× Class Teacherといい、
    3/15の Sixteen's Moonといい・・・。

    全然違うタイプのストーリーなのに・・・・・やられました(;_;)
    特に後者は、胸が締め付けられます。
    星空、秋の海・・・・。
    似合い過ぎて、切なくて、苦しいです。
    ああああ、ジェジュン・・・・ラヴ。


    仕事(セクハラ変態職場?)、お忙しそうですが体に気を付けて下さい。
    PM10:00~AM2:00は、お肌のゴールデンタイムと言われています。
    まだまだうら若き乙女Minyさん、
    出来れば、どうかこの時間帯に睡眠をとって頂きたいです。



    そして、PINK SHINKIも宜しくお願いしますm(__)m
    ええスミマセン!!人妻はこの手のお話、大好物です!!
    また遊びに参ります!!

    初コメなので短めに・・・・と思ったのですが、知っているお名前があったのでつい・・・・・。


    P.S 人を好きになる気持ちは、誰にも止められません。
       誰のせいでもありません。
       なんか、魔法にかかってしまった感じですよね?





  3. モミカジーナ | URL | -

    先生

    今日は


    切なさが
    ハンパないと思ったら…





    やはり




    実話だったんですね





    そりゃ切ないですわ





    どうしたらいいか
    わかんないんですよね~




    いやっ違うか




    こうしたいっていう思いは
    あるんだけど


    現実
    そんなふうに出来なくて
    うまくいかなくて

    苦しむんですよねぇ




    っていうのは私の体験談ですけど。




    たぶん


    20代以降の皆さんは


    少なからず
    同じような経験してると思いますよ




    不倫なんてしてる人いないだろうなぁ

    と思ってたら


    まわり

    全員

    不倫してましたから。


    そのとき


    あぁ…


    女性は

    ある年齢になったら

    自然と

    妻もちの男性に惹かれるものなんだなぁと

    学びました




    いやぁ~

    魅力的なんですよね~ まいっちゃうなぁ



    って

    不倫じゃなかったでしたっけ?





    まぁ

    とにかく


    東方神起だって


    5人


    目の前に並べられて




    その中から


    1人選べって言われたって


    超悩みますよ 何の話だ






    だから


    今は


    そういう


    悩んだり

    恋したり

    時期なんじゃないでしょうかね




    時間が解決する場合もありますし。




    って

    色々いっても

    ヨネッチの方が

    はるかに

    しっかりしてるので


    おばんの
    たわごとだと思って下さい



    というわけで


    PINK期待してます


  4. Miny* | URL | -

    >フェイリーオンニ~♪

    やっはっは・・・


    最後の最後まで読んで下さるとは!


    ありがたきシアわせ~♪



    そう

    終わり


    続きは書けませんでした・・・



    だって・・・





    まだ終わってないんだもん!爆



    いや私も

    出来ればハッピーエンドを
    書きたかったんですけどぉ・・・


    そんな図々しいことやっちゃねぇ?ww



    ご覧の通り

    もうすっかり元気ですので
    基本的に一晩眠ると立ち直る能天気ヤローです

    お気になさらずに♪


    ・・・してねーって?爆


    あひゃあひゃ~



    励まして下さったのは

    とても嬉しかったです。


    本当にありがとうございます♪

  5. Miny* | URL | -

    >フナ夫様~♪

    初めまして~!

    ご訪問ありがとうございます!(^^)!


    いやいや


    モミカ姉さまのお部屋から

    いらっしゃったという事は



    私が

    ヨネ●ケを名乗っている事も御存知で!?ww



    お恥ずかしい限りです。。。何



    そして

    そして



    何と過去の記事まで

    読んで下さったとは!!!




    あの、本当に


    心からの
    感謝御礼を申し上げます。




    物凄くイイだなんて・・・


    そんな事仰られたら



    調子こいちゃうじゃないですか!!!!



    調子こいて

    毎日妄想しまくっちゃうじゃないですか!!!
    既にそうな事は口が裂けても言えません



    いやはや

    本当に
    感謝の気持ちで一杯です。



    この部屋に来て下さる読者様は


    JJペン様方が


    一番多いです。爆



    これからも

    JJフル活用


    ・・・失礼ですね。



    JJ様のご活躍が

    一番目立つかと思います故




    こんなぶっ散らかったままの

    汚い部屋ですが



    宜しければ

    是非遊びにいらして下さいませ。




    お肌のゴールデンタイム・・・


    そうですね

    その時間内に


    しっかり寝に入りたいものです。




    お姉さま方から既に

    ちゃんと寝ろ!との御指摘がありましたので


    そろそろ
    気を付けます。




    PINK好きな

    フナ夫様



    ふふふ・・・



    こんな変態を受け入れて下さった貴女様の為に


    腕によりをかけた


    ドPINKを!



    明日あたり

    書き上げますので


    どうぞご期待下さい。



    後々
    お邪魔させて頂きます♪




    P.S

    仰る通り
    魔法にかかってしまっています。


    ですが

    そろそろケジメを付ける準備を

    してみます。



    最後の最後まで

    読んで下さり


    又、励ましのお言葉まで頂けて

    胸が一杯です。



    本当に
    ありがとうございました!

  6. Miny* | URL | -

    >モミカ姉さま~♪

    その後

    体調は如何でしょうか?



    心配で

    ご飯も喉を通らないワタクシですが・・・




    ハンバーグ

    たらふく食って来ましたけど?





    って事で



    とりあえず


    最後まで読んで下さって



    ありがとうございます。






    いやもうすっかり





    元気百倍

    ヨネパンマンです。




    御心配を


    おかけしました。





    為になるお話

    もっとたくさん夜を徹して



    お聞かせ下さいよ~




    こんな小娘に


    話してやるもんか!


    って感じですかね?





    ・・・そうですね



    出直して参ります。←何を






    兎にも角にも



    目の前に


    東方神起が五人いたら




    逆に



    誰が私を選ぶ?


    って



    聞いてみます。おい





    多分


    私の予想では



    最強様と


    気が合うのでは・・・







    勝手な妄想です。





    そして



    あっちの相性は




    やはりユチョンかと・・・







    そろそろ


    刺される気配を感じます故




    戯言はここらで

    止めときます。






    御多忙な中



    絶不調な中




    温かいコメ


    誠にありがとうございます。




    しっかりしてる、と


    実際良く言われますが




    単なる


    マセガキって事です。




    これからも


    頼りにしてますよ



    モミカ姐さん。



    押忍!!!何





    最後に



    PINKを多数熱望されましたので



    明日

    書きます。




    また


    お待ちしております!

  7. sari | URL | -

    終わり~~~~っ?

    お嬢!!!
    元気かぁ???

    うん ヤッてる!!!
    大丈夫そうだね ヨシヨシ・・・

    そろそろ こっちも書かなきゃなぁ~
    何か落ちてませんか(笑)

    元彼話

    いいね

    もっと聞きたい~~~!!!

    大切な事
    言えない事

    たくさんあって
    大人になるんもんだ

    場合によっちゃ墓場まで持っていくもんだ

    でも今彼を 大事にしてやってちょ!!!

    sariの元彼の中に数少ないと書き足しておく 凄い人がいるぞ
    色々あって 丁度いい~

    で、ジュンスや。。。
    そしてどうなった???

    先生 終わりですかぁ~~~(泣)
    うちの続きも書いてよぉ

    じゃっ
    アンニョン~

  8. Miny* | URL | -

    >sari姉さま~♪

    sari姉さま

    お忙しい中

    わざわざコメまで残して下さるなんて


    本当恐縮です。


    ご覧の通り

    元気に変態貫いております。何



    いやぁ

    自分の体験談は


    書くべきでは無かったですね。



    ブログ始めて以来


    初めて失敗した!と思いました。←



    まぁそんな日もあるか!



    ワタクシこの年にして

    ダメな男に引っかかり過ぎらしいです。



    宜しければ

    レクチャーして下さいませんか?



    恋愛の仕方・・・




    忙しくって

    それどころじゃないですね。



    自分で学べって事ですね。



    お姉さまのお言葉は


    本当に心に染みて


    今後の人生に

    大きく役立てる事と思います。



    今彼とは

    遠からずお別れすると思いますが



    またその時が来たら

    話を聞いてやって下さいまし。



    凄い元彼様


    是非お聞かせ願いたいです。



    何か凄いんだろ・・・


    良からぬ妄想ばっか

    膨らんじゃいますわ!!!



    お姉さまの続きも

    密かにガッツリ楽しみにしてますよぉ~!!


    頑張って書き上げて下さいね☆
    プレッシャーを与えたつもりは全くもってございません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2u2u2u264.blog107.fc2.com/tb.php/56-30c13054
この記事へのトラックバック


A Latest Article!!