FC2ブログ

Black and the White?

2010年03月22日 17:01

あんにょん~♪


皆様

ご機嫌麗しゅうございますか?





・・・そうですか。


それは何より!何




さて


前回お送りしました


別ver.



今回は


Blackな彼です。


続きではありませんし

全くの別物ですが


宜しければ前の話を読まれてからを

オススメ致します。→Whiteな彼
(最初の方は端折ってるので)



それでは

追記からどうぞ・・・☆








欲しいものは


全て手に入れる。



それがオレ。




あとは

君だけなんだよ。




もうそろそろ

イイ頃だろう?




手に入れても。








「私・・・

 振られちゃったぁ・・・」





君のその言葉を聞いた瞬間



口元がニヤけるのを

オレは止められなかった。





どれだけ

この時を待っていただろう。




この胸の高鳴りが

その永い時間を物語っている。






『なんで?』





「結構前から
 好きな人がいたんだって。

 笑っちゃうよね

 何も知らずに
 そばに居続けたんだって、私。」





『そっか・・・』





ニヤけてしまう口元を隠すために

カップを口に近付ける。






「・・・何か言ってよ」





『何て言って欲しいんだよ』





「え?」





『残念だったね。

 他にイイヤツ見付けろよ。

 そんなヤツ忘れちゃえよ。


 ・・・こうでも言えば満足?』






泣き腫らした真っ赤な大きな瞳を

これでもかって位見開いて


オレを見る君。





そんな瞳で見るなよ。







「あなたがそんなに冷たい人だとは
 思ってなかったわ。」





『その通りだろ?

 そもそも男のオレに
 慰めてもらおうなんて思う方が間違ってる。』





「そんな事っ・・・」





『思ってたから
 こうして来たんだろ?

 それなら慰めてやるよ・・・

 お望み通り。』




そのまま

ソファに押し倒し



少し乱暴に唇を重ねる。




嫌がっているのが

唇を通じて痛い程伝わって来る。



でもももう止まらない。




そんな瞳で見る君が


悪いんだ。






「やめてよっ!」




『どうして?
 ゆっくり慰めてやるよ・・・』






首筋からは


彼女独特のイイ香りがして



少し舌を這わせると


嫌がってる割に


悩ましげなアツい吐息を漏らす君。






『嫌がってんの?それで』






「こんなの…やだぁ・・・」





『そんな事言ってられんのも

 今のうちだよ。』





「・・・っく・・・」





泣いているんだろうけど



そんなの

もうどうでもイイ。







本当は

趣味じゃないけど



仕方なくオレは


掛けてあるネクタイに手を伸ばす。





「何!?

 ・・・っ」





『別にオレじゃないと思えばイイだろ。

 彼氏にまた抱かれてると思えばイイじゃない。』




彼女の瞳を覆い


思ってもいない言葉が

すらすらと出て来る。




「・・・・」






観念したのか


納得したのか



彼女は抵抗を見せなくなった。







初めて触れる


彼女の白い肌。




それを目にしただけで


オレの下半身は


もうアツくなってくる。






言葉は


冷たく言い放つけど



オレの手は


優しく君を撫でまわす。





本当は


君に触れられただけで


もう嬉しくて仕方ないから。






『乱暴にされるのは嫌い?』





「・・・・・」





『そう
 嫌いじゃないよね?

 だって君のココ
 こんなんになってるし』






「ヤメテ・・・っ」






本当に嫌なのか


それとも女性特有の口ぶりなのか



今のオレにはわからない。





だからオレは


そのまま君を汚し続けるんだ。






『これが
 オレを受け入れるサインでしょ?』




あぁ

今の君は何も見えてないんだった。





「ん・・・っ

 あっ・・・!」






『そう・・・

 何も考えないで


 感じるだけでイイよ・・・』





そのまま


体だけでオレを



感じていろよ




今だけは。







「っ・・・はぁ…ん


 あっ!・・・いやっ」






彼女の入り口で


焦らすように

あてがっては離すオレ。




その度に


小さく漏らす吐息が

一層オレの欲望を掻き立てる。






『・・・止めて欲しい?』






「んんっ・・・

 はぁっ・・・なんでっ」





『止めてって
 あれだけ言ったろ?』





「・・・っ
 ヤダぁ・・・」





『どうして欲しいんだよ?』





「・・・お願いっ・・・」





『何を?』






「早くっ・・・

 …れて・・・」





『聞こえないな、そんなんじゃ』





「イ・・・れて」





『ふっ
 ワガママだな』




そう言って

オレは一気に奥まで突き上げる。





「あっ・・・ん!

 はぁっ・・・あぁっ!」





『キツっ・・・

 はぁっ・・・』





彼女のアツい中で



休む事なく

腰を振り続けながらも




オレの葛藤は止まない。




弱ってる君に


力ずくで入り込んだ罪の意識と




初めて見る

君の悩ましい艶っぽさ



そして

その中にいるという


快さ。







『はぁ・・・

 ・・・くっ!』






「はぁっ・・・んっ!

 あんっ・・・いやぁっ…」







オレを感じてるから

そんな声を出すの?




それとも

彼氏を想って


そんな悩ましい吐息を漏らすの・・・?






「はぁっ・・・!

 んんっ!・・・いやっ」






『くっ・・・!

 はぁっ…はぁ


 ・・・・・イイ?』





「ダメぇっ・・・

 あぁっ!んんっっ・・・あんっ!」






絶叫に近い

君の声を聞きながら


中で果てたオレは



今さら
自分の浅はかさに気付く。





「はぁっ・・・はぁっ・・・」





『・・・はぁ


 ・・・・・ゴメン』




瞳を覆っていた

ネクタイを外してやると



彼女は少し潤んだ瞳で


オレを見つめる。





「なんで・・・っ」





『どうしようもなく

 君が好きだった。


 前からずっと。』






「っ・・・・」







『どうにかして
 君を手にいれたくて。

 オレは汚い人間だから。』







最初で最後の

君の温もり。




その温かさを感じながら



それでもオレは


後悔なんてしてなかった。






立ち上がり


背を向けるオレ。








「・・・許さない」





『そうだろうよ』




「・・・責任取ってよ。」





『え?』




振り向くと


横になったまま

ひどく妖艶に口元を歪ませる君。







「一生私のそばから離れないって

 今ここで誓いなさいよ」












う~~~~~~~~~ん・・・・・



とりあえず


すみませんでした!!!




書き始めてから


今さら気付いた事があります。



PINK≒Black




えぇ

ブラックとピンク


履き違えまくりな私でした。。。




入り混じって

何が何だかわからん話になってしまいましたね。





まぁ最終的に悪あがきすると


WhiteなJJ様は


時間をかけてゆっくり彼女の中に
入り込んで(変な意味じゃなく)いこうとするタイプ。




BlackなJJ様は


とりあえずモノにしちゃう
鬼畜タイプ。何






・・・って事です。





いやはや


ここ最近

納得の行く話が書けてない気がするんですが・・・




これはあれですか?


俗に言う

スランプ。





いや

そんな事はありません。きっと


ってか


自分が納得するかでは無くて

皆様に愉しんで頂ければ


全然おっげー!なんでね。




・・・って事で


如何でしたでしょうか?



今後の為にも

宜しかったらご意見ご感想を
お願い致しますm(__)m




それでは今回はこの辺で。



WhiteなJJ様が好き!という貴女様

はたまた

BlackなJJもアリかな?という貴女様

もしくは

JJはこんなんじゃない!!という貴女様


是非是非↓のJJ様をポチポチしてあげてください~(*´∀`)



あんにょん~♪
スポンサーサイト





コメント

  1. ももんが♪ | URL | YG9ONXHE

    何か~
    トンペンの皆様方って
    妄想ストーリーに必ずと言っていいほど、
    PINKが入る方が多いですね!笑
    なんだか慣れてきてしまいました~笑
    (もちろん東方神起だからです!)

    私的にはWhiteなJJの方が好きかな~?
    Blackって、ユチョンっぽい 笑
    JJ・ジュンス・ユノは、何か彼女のコト思いやるのが
    最優先。という感じ←
    ユチョンは自分の気持ちが収まりきらなくなったら
    後は自分の気持ちに正直に行動しそう。
    チャンミンはSっぷりを発揮しつつも、
    彼女のコトを思いやりそう。
    ていう考えなんです 笑

  2. failyxq | URL | -

    Blackなジェジュン・・・全然アリです(爆
    力ずくで・・・激萌
    WhiteもBlackもどっちもジェジュンだと思う

    スランプ?ほんと??
    真のスランプは全く書けないもんですよ~♪
    これからもファイティン^^

    しかし、ももんが♪さん(はじめまして~)のコメの
    『トンペンの皆様方って
    妄想ストーリーに必ずと言っていいほど、
    PINKが入る方が多いですね!笑
    なんだか慣れてきてしまいました~笑 』
    これがおもしろくて!!!
    そうなんですよね~・・
    なぜかPINKが入っちゃうんですよね~www
    でも、それが無いと物足りなくなっちゃってる自分(爆
    しかも自分でも書いちゃってる現実・・・
    おっそろし~ですねwww

  3. sari | URL | -

    PINK最高~!!!

    ↑皆様のおっしゃる通り PINKは世界を平和にするっ!!!

    慣れちゃうと
    限界の奥の奥を突くのに
    抵抗を感じなくなるんですよね~^^ 

    刺激って麻薬ですな

    これはBLACKで アリだと思いますっ!!!

    プライベートもそれはそれで
    いい作品書けるようになると思ってます
    お節介オンニ

    で、JJたんをここまで表現できるのは凄いよ
    いつもキラキラ
    目潰しJJたんですからぁ~

    あ 私はじゅんすぅを弄ってやります

    ファイティ~ン☆

  4. Miny* | URL | -

    >ももんが様♪

    あんにょん~♪


    えぇっと

    まさしくその通り。


    妄想=PINK


    これは鉄板ですよ!爆



    普通のお話書くのも

    それはそれで好きですが


    何でしょう?

    やはり願望なのか


    そういう話も思いついてしまうんですね~AHAHA


    仕方無い

    変態だから。爆



    そうですね

    ブラックはユチョ様が適任かもしれません(^^ゞ


    JJ様や
    ホスのお二人は

    自分より彼女優先でしょうね~!



    だからこそ

    この部屋では


    そんなイメージからの脱却を
    試みてます!!ww



    ・・・うん言い訳。何



    最強様は


    ツンデレですね!



    言葉ではなく態度で


    彼女を守ってくれそう~♪




    またお待ちしております~!(^^)!

  5. Miny* | URL | -

    フェイリーオンニ♪

    あんにょん!


    なになに~?


    どっちもイイって・・・


    よーくーばーりーーー!!!(*´∀`)あっは



    だがしかし

    そうな気がしますよ。



    優しくて温かいジェジュンくん。


    冷たくて鬼畜なジェジュ様。



    ・・・選べねぇ。何




    うん
    嘘は吐いちゃダメですね♪


    スランプではないです。


    だって


    ・・・変態だもん♪爆



    エンドレス変態!

    エターナル変態!何




    いやはや

    うら若いお嬢様の前で


    PINKはダメでしたね・・・



    ってか多分

    この部屋相当な
    変態の集まりになってますよ!!!



    どーする?

    どーしちゃう??



    ・・・いっか別に♪何



    ももんが様


    やオンニのように

    変な大人になっちゃダメですよ!



    ・・・あ、違う?爆



    いやいやオンニも立派な
    変態だからぁ~!!!

  6. Miny* | URL | -

    >sari姉さま♪

    sari姉さま~

    あんにょんあんにょん!!



    ももんが様


    こちらが

    Miny*の尊敬する

    真の変●姉さまですよ!爆爆爆




    ねぇ・・・


    まさに
    中毒者ですね私たち。



    トン中毒

    PINK中毒(S●X中毒?)



    抜け出せないっすよ~

    とっくに。




    お節介?


    どこがですか?



    も~

    やっぱりsari姉さまは


    私のツボを心得てらっしゃるわ・・・。


    プライベートはですねぇ


    距離を置いてるせいか

    気持ち的には楽になりました。




    ・・・この話は

    また後日。



    ゆっくり聞いて下さいね♪




    sari姉さまはですね

    ジュンス様の素晴らしさを


    より一層私に教えて下さった

    真のジュンス狂様です!



    多分

    sari姉さまと出逢えなかったら


    ジュンス様のツボなんて分からないまま

    生涯を終える事になって・・・



    あ、重い?ww
    そして誰と話してんだって話ww

    おっげー!!



    二人のJJ様を

    気に入って頂けた様で


    シアわせです~♪




    後日
    ジュンス様も


    イってイイですか?爆



    あっは~(*´∀`)

    またお待ち致しております!(^^)!

  7. モミカジーナ | URL | -

    どうもです


    ちょっくら

    バタバタしてまして

    記事を読んでから

    コメントまで

    時間がかかってしまいました~


    って

    待ってたわけじゃないと思いますが

    感想を言いたくて仕方なったので

    また残させて下さいね~!




    まず



    これ



    ジェジュンだったんですね!





    あれ?


    ジェジュンで


    2パターンって話でしたっけ?





    別物って書いてあったんで



    完全に




    ゼロの状態で入り始めて





    同じ設定を


    ブラックバージョンで


    見せてくれるんだと


    思い込んでいました






    なので




    完全に







    ユチョンだと

    思ってました!






    この


    自分の欲望のままに

    突き進む感じ…




    まさに

    ユチョンです







    全部終わってから

    はじめて


    『ごめん』って言うタイプ




    ただ



    強引で


    自分勝手なほど


    事を終えたあとが


    めちゃくちゃ


    優しくて


    甘えん坊で


    かわいいんだよなぁ~




    ……



    どうも

    改めまして

    私が
    変態の集いに参加してます
    モミカジーナです


    軽い暴走のあまり
    自己紹介しちゃいましたけど


    とにかく
    今回もいいっすよ


    ピンクでもブラックでも

    もちろん

    ホワイトでも

    大好きです


    それに

    ピンクとブラックの

    組み合わせほど

    セクシーで

    小悪魔な色合いはありませんから。


    まさに

    ヨネッチの色って感じです!


    ミス・小悪魔作家!



    次も期待してます



    ところで

    ディズニは満喫しました?

    しばらく行ってないので
    行きたいなぁと記事を見て思いましたよ

    東方神起とね。

  8. Miny* | URL | -

    >モミカ姉さま~♪

    変態の集いの主



    モミカ姉さま



    お帰りなさいませ。





    毎度アツいご感想


    ありがとうございます!!





    小悪魔・・・ですか?



    ワタクシが?






    ・・・・・良く御存知で。爆






    そうです



    ワタクシ多分




    小悪魔寄りだと思います



    ・・・ユチョンと一緒で。何





    そんなユチョンが


    今回の小悪魔話の主役と思われたとの事で







    言われてみれば


    今回名前を入れてないので





    それもアリかなと


    思いました。





    さすがナンバー1読者様。




    鋭いです!!!







    いやはや


    姉さんから


    御感想を頂く度に




    もっとイイの書くぞ!!!!



    という気が起きます。



    本当にありがとうございます。






    ユチョ国ですね



    それなりに楽しかったです。





    東方神起と●ズニー・・・?




    それはもう




    フリですか?




    次への


    ネタ提供ですか??





    ・・・・ありがとうございます。何

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2u2u2u264.blog107.fc2.com/tb.php/62-e9ec001f
この記事へのトラックバック


A Latest Article!!